人気の民泊で格安に予約をするワザ|予約は早めに!格安民泊とホテルで快適に宿泊できるコツ

格安で予約できる今人気の民泊の選び方を解説

初心者のための民泊事情

民泊ってどんなところなんだろう。予約はスムーズにとれるのか、価格はいくらか、部屋の設備はどうなっているのか。今、急激に民泊する人が増えているようです。その理由を事前に調べて不安を解消しましょう。

民泊で知っておきたい4つのこと

ホテルよりも安い

旅行をする時は、出費が多くなります。宿泊費を抑えたい方は、民泊がおすすめです。人気ホテルよりも予約が取りやすく、格安で泊まることができるので、大人数で旅行する時や学生に最適な宿泊場所です。宿泊代を安くできたら、色々な観光地へ行けたり、美味しいものを食べたりできるので設備にこだわりがなければ民泊を利用するのが良いでしょう。

宿泊が決まったら準備するもの

ホテルとは違うので、食事が付いていたり、アメニティーグッズが揃っているわけではありません。事前に揃えていたほうが困ることはありませんが、民泊周辺で買物をする場合は、予約する前に買物ができる場所があるかチェックしましょう。旅行前にあわてて準備をすると忘れものが多くなるので、早めに準備をしましょう。

複数人が泊まることもある

宿泊する民泊部屋によっては、個室じゃない場合もあります。大勢の人数が一つの部屋で寝泊まりできるドミトリーという相部屋があります。金庫などはないので、しっかりと個人の貴重品は管理しましょう。個室が良い場合は、料金が異なります。ドミトリーの良いところは、色々な地域の人が宿泊してるので、情報交換ができたり友達作りに最適です。

サービスよりも価格派の人におすすめ

24時間従業員がいるホテルとは違うので、部屋の設備に不具合があった場合は、すぐに対応してもらうことは難しいかもしれませんが、その分値段は格安な民泊が多いので気にしない方にはおすすめです。民泊は格安なので、飲んだ後の仮眠やコンサートに行くために使う荷物置きに使ったり、目的別に利用しても良いでしょう。

人気の民泊で格安に予約をするワザ

女の人

旅行中は身軽にしよう

旅行中のかばんの中は、着替えが多いので移動する際に重くなり運ぶだけで疲れてしまいます。圧縮袋に衣類を入れて、かばんのスペースを広く使いましょう。宿泊先には、洗濯機もある場合もあるので、着替えは減らして洗濯して着ましょう。

液体類はできるたけ減らそう

女性の場合、化粧品の容器ボトルを何本も持っていく人も多いようです。かばんの中は、重くなりスペースを取ってしまうので、サンプル用の化粧品があると使い捨てができるので旅行には便利です。移動が飛行機の場合だと、液体類は制限があるので十分に気を付けましょう。

広告募集中